Microsoft Intuneでデバイスのデータを削除する(リタイヤまたはワイプ)する方法、およびリタイヤとワイプの違い

株式会社テイクーワンのT.Tです。

Microsoft365のMDM(モバイルデバイス管理)サービスであるMicrosoft Intuneでは遠隔でデバイスのデータを削除することができます。デバイスを紛失してしまった場合、実行することで情報の漏洩を防ぐことができます。いざという時のためにその手順をまとめておきます。

手順

Microsoft Intune 管理センターにサインインします。

左のメニューから[デバイス]をクリックします。

出てきたメニューから[すべてのデバイス]をクリックします。

表示されたデバイスの中からデータを削除(ワイプまたはリタイヤ)するデバイスをクリックします。

[リタイヤ]または[ワイプ]をクリックします。

リタイヤとワイプの違い

リタイヤ

基本的に会社のデータを削除します。
管理対象のアプリのデータ、設定などが削除されます。

ワイプ

基本的にユーザー及び会社の全てのデータを削除し、デバイスを出荷時の規定の設定に復元します。


ワイプをクリック後にでてくる[登録状態とユーザー アカウントを保持します] チェック ボックスをオンにすると、ユーザー データが保持されます。 それ以外の場合は、すべてのデータ、アプリ、および設定が削除されます。

下記のデバイスについては、ワイプはサポートされていません。

  • 仕事用プロファイルがある個人所有の Android Enterprise デバイス
  • Linux

ワイプまたはリタイヤされたことを確認する方法

Microsoft Intute 管理センターで[デバイス]-[その他モニター用のレポート]-[デバイス アクション]をクリックします。

デバイスがワイプ、リタイヤされていることがわかります。

参考情報


Microsoft Intune を使用してデバイスをインベントリから削除またはワイプする | Microsoft Learn

前へ

文字入力がおかしくなった場合の対処法(応急処置)